qa

ハイドロリリースの応用③ 会陰部の痛みに効くハイドロリリース


会陰部痛の原因はさまざまです。その原因の一つに陰部神経障害があります。脊椎から会陰部までの陰部神経の走行のどこかで神経が圧迫されたり損傷されたりして会陰部に痛みを生じる場合があります。障害部位に適切にハイドロリリースを行うことで症状が緩和される場合があります。

  • 1.陰部神経とは何ですか?

    陰部神経は第1~4仙骨神経から分かれて仙結節靱帯の近くを走行しAlcock管の中を通り会陰部の皮下や骨盤底筋・括約筋に分布して肛門部~会陰部の知覚(痛みや触覚など)を支配します。

  • 2.陰部神経が障害されるとどのような症状が生じますか?

    坐骨結節(おしりの近くに触れる骨)よりも内側の臀部の痛み、会陰部痛、外陰部痛、肛門部痛などです。痛みだけでなく異常感覚(ピリピリ痺れたり、麻痺した感じがしたり)も生じます。特に坐位や立位で症状が強くなり、横になると緩和される事が多いようです。

  • 3.陰部神経をターゲットにしたハイドロリリースにはどのようなものがありますか?

    たとえば、陰部神経の解剖的な走行に沿って、仙結節靱帯、内閉鎖筋、Alcock管、坐骨結節内側、会陰部などが治療部位となります。圧痛点があればそこに注射をします。圧痛点がはっきりしなくても診断を兼ねて注射をする場合もあります。

  • 4.1回ハイドロリリースを受ければよくなるのですか?

    神経が障害された部位が複数だったり、神経の圧迫が強かったりすると複数回の注射が必要な場合があります

  • 5.会陰部のハイドロリリースに副作用はありますか?

    ほかの部位への注射と同様に、感染、出血、臓器損傷、注射部位の痛みなどが挙げられます。当院では注射部位に消毒を徹底し、エコーカバーを患者さん毎に取り換えています。また、安全と正確な治療のために、すべての注射はエコーガイド下に行っております。

なかなか治らない会陰部の痛みでお困りの方は、一度当院にご相談ください。少しでも症状緩和のお手伝いができれば幸いです。

〒390-0833 長野県松本市
双葉5-20 イオン南松本店 2F
tel 0263-87-1314
診察予約 ページトップへ page top
0263-87-13140263-87-1314 accessACCESS