qa

腰痛に関するQ&A


  • 1. 腰痛とは何でしょうか?

    腰痛は、一番下の肋骨からお尻と太ももの間の線までの痛みの総称です。多くの場合X線検査などの画像診断では原因が特定できず、「形態学的異常」よりも「機能障害」へと腰痛の捉え方が変わってきています。また、心理社会的因子が、腰痛の強さや生活の質への影響に大きく関与するとされています。

  • 2. 腰痛の原因にはどのようなものがありますか?

    腰痛を原因ごとに分類すると、脊椎由来(椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など)、神経由来(脊髄の腫瘍など)、内臓由来(尿路結石や子宮内膜症など)、血管由来(大動脈瘤など)、そして、心因性に分けられます。しかし、腰痛のほとんどは原因が特定できず、「非特異的腰痛」とよばれます。単純X線検査(レントゲン検査)で加齢による脊椎の変形のみが認められる場合も「非特異的腰痛」に含まれます。

  • 3. 注意すべき腰痛にはどのようなものがありますか?

    がん、骨折、感染、大動脈瘤などで腰痛を生じる場合があるので、常にこれらの可能性を念頭におく必要があります。これらの重要な疾患を見落とさないための警戒兆候(red flags)が提示されています。

    ①年齢が若い(20歳以下)または年齢が高い(50歳以上)
    ②時間や体の動きに関係の無い腰痛
    ③胸や背中も痛い
    ④がん、ステロイド治療、HIV感染の既往
    ⑤栄養不良
    ⑥体重減少
    ⑦広範囲の神経症状(足が動かない、膀胱直腸障害がある、など)
    ⑧脊柱の捻じれや変形がある
    ⑨高熱
    これらの警戒兆候が無い場合は「非特異的腰痛」として治療を開始します。

  • 4. 急性腰痛(ぎっくり腰)になりました。どうすればよいでしょうか?

    Q3.で述べた、命にかかわるような警戒兆候が無い場合は、「非特異的腰痛」として治療を開始します。「非特異的腰痛」には、画像検査(X線、CT、MRI検査など)は必ずしも必要ではありません。腰痛の85%は画像検査で原因が特定できないからです。まずは2日間程度安静にして様子をみます。安静期間は2日間程度とし、少しずつ体を動かす方が治癒が早いとされています。神経ブロック注射は即効性があり、社会復帰を早める効果が期待できます。4週間から6週間の保存的治療を行っても症状が改善しない場合には画像検査を行い、原因の検索を行います。

  • 5. ペインクリニックで行う急性腰痛の治療法にはどのようなものがありますか?

    腰痛の原因をX線検査でとらえる事ができなくても、症状から筋肉の痛み、椎間関節(脊椎を繋ぐ関節)の痛み、仙腸関節(仙骨と腸骨を繋ぐ関節)の痛み、椎間板ヘルニアによる痛み、など原因を絞り込んで治療を行います。痛む部位をピンポイントで特定し、神経ブロック注射の方法を選択するためにエコー検査を併用する事があります。筋肉の痛みにはトリガーポイントブロック、椎間関節の痛みには椎間関節ブロック、仙腸関節の痛みには仙腸関節ブロック、椎間板ヘルニアなどには硬膜外ブロックなどを行います。神経の興奮や炎症を抑えるためにキセノン光による治療を併用する事もあります。また、痛みの種類に合わせた鎮痛薬を処方します。

  • 6. 神経ブロック注射とは何ですか?

    神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、痛みを緩和します。麻酔薬が神経に作用し、痛みの信号が脳に伝わるのをブロックします。また、交感神経をブロックする事で血流を改善し、治癒を促進する効果があります。これらの作用で痛みの悪循環を断ち切り慢性化を予防します。一回で痛みが完治するものではなく、複数回実施するのが一般的です。

  • 7. 腰痛がなかなか治りません。どうすればよいでしょうか?

    腰痛は1カ月程度で自然に改善する事が多く、辛い時期を鎮痛薬の内服や神経ブロック注射などで乗り切ります。しかし、60%の方に12カ月以上症状が持続し、60%の方に腰痛の再発が認められます。発症から3か月以上持続する腰痛を「慢性腰痛」といいます。慢性腰痛に対しても、Q4に挙げた神経ブロックの効果が期待できます。神経ブロックの効果は一時的であっても、痛みの悪循環を断ち切り、血流を改善する事で機能障害を緩和します。また、慢性腰痛には、ヒトが本来持っている痛みの伝わり方を和らげる「下降性疼痛抑制系」の機能障害が隠れている場合があり、この経路を活性化させる薬(抗うつ薬など)を併用すると痛みが感じにくい体に戻る事が期待されます。そして、慢性腰痛には安静は不要であり、適度な運動を心がけます。
    つかはらペインクリニックでは、慢性腰痛は、基本的には心配のない腰痛である事を患者様にお伝えし、安心感と希望を持って生活していただけるようにサポートいたします。

〒390-0833 長野県松本市
双葉5-20 イオン南松本店 2F
tel 0263-87-1314
診察予約 ページトップへ page top
0263-87-13140263-87-1314 accessACCESS